keyboard_arrow_right
西洋の下着に関する考え方の違い

西洋の下着に関する考え方の違い

西洋と日本の下着に関する考え方や環境の違いがあります。

西洋は下着に対してオープンであり、下着を上手に使いこなしています。
日本は下着について無知であり、その重要性を教えることをしません。

ヨーロッパでは母親が娘の為にバストをつぶさないブラジャーを選びます。
思春期の成長に合わせてカップを変えていき,
バストを美しく整える為に何が必要であるかを娘に伝えていきます。
バストは、どんどん成長して行きます。 成長に合わせて必ず試着して選び、その時のジャストフィットを着用していく事が重要なのです。
その結果、18才になって成長がピークにきた時には、とても素敵なバストになります。

しかし現実は、中学から高校と買い替えることもせずに、ずっーと着用したまま成長していきます。 その結果、肉まんを踏みつけた様なバストになってしまうのです。
成長期に靴が小さくなると買い替えるのと同様下着も成長に合わせて買い替えるいく必要があります。
日本の母親はもっと下着の重要性を伝える必要がありそうですね。